読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も、機嫌よく。

日々機嫌よく暮らすために、いろいろ書いたり描いたりしています。

ヲタクの家からゲーム機が無くなった日。

断捨離

こんにちは、らいです。

 

昨日までの我が家にあったゲーム機は1台。

PSP(と、ソフト2枚)のみ残してある状態でした。

でも、半年くらい前にうたプリシリーズのソフトを売ってしまって以来、まったくと言っていいほどPSP本体には触っていませんでした。

 

それでも何となく手放す気になれなくて一応残してあったPSPなのですが、数日前何だか急に「もう手放してもいいかな」という気持ちになり、昨日早速買取に出してきました。

 

買取手続きそのものに関しては、買取担当の店員さんから客を客とも思わないという感じの斬新な接客を受け、途中「私、何でこんな思いしながら買取してもらってるんだ…」と気が遠のくような思いをしたので、あまりいいものではなかったです(´;ω;`)

やっぱり今度からは、いつもお世話になってるハー〇オフに持っていこう…。

すみません、あまりに理不尽過ぎてココで愚痴っちゃいました(´;ω;`)

 

ただ肝心の買取価格は、箱と取説ナシで2000円と想像してたよりもよかったので、そこまでの道のりの記憶はなかったことにしようと思いますw(因みにソフトは箱・取説ナシで1枚5円でしたwでも捨てるより大分気は楽です)

 

子どもの頃、身内の影響でゲームに興味を持つようになった私。

小1でゲームボーイや身内のスーファミでゲームをするようになってから、ネオジオCDセガサターン、プレステ…などなど色んなハードを買って、遊んできました。

 

途中、自分はゲームが下手だってことに気づいたので遊ぶ頻度は減りましたが、それでも何だかんだで最低1種類は身の回りにゲーム機がある生活だったのですが。

今回PSPを手放したことで、二十数年ぶりに身の回りにゲーム機が全くない環境になりました。

 

「だから何だ」と言われそうですが、個人的には感慨深いものがあるんですよね。

何ていうか、「ああ、大人になっちゃったな…」みたいな。

手放せた当初は「スッキリ!」とか思ってたんですが、この文章の感傷的な感じを見るに、実は意外と寂しい部分もあるのかもです。

 

…なんて、こんなセンチな文章書いておいて、数か月後また新しくゲーム機買ってたりするかもしれませんけどねw

PS Vitaでおそ松さんのゲーム出ますし!

でもそれだけの為に買うにはVitaは高いって感じてしまってるけども。うーん…

 

もし数か月後、まかり間違って「Vita買いました!」みたいな記事upしたとしても、生暖かい目で見守っていただけると有難いですw