本日も、機嫌よく。

日々機嫌よく暮らすために、いろいろ書いたり描いたりしています。

【メイキング】イラストが一枚できるまで。

こんにちは、らいです。

 

このブログには時々、私が趣味で描いたイラストを載せています。

そのイラストの大半はアナログ(デジタルで描いたのは今のところ、

ブログのアイコンくらいです)。

 

今日はそんなイラストを、

私が一枚仕上げるまでの流れを紹介してみたいと思います。

 

イラストの描き方は千差万別なので、これが正解でも不正解でもなんでもないです。

だからこそ、人が描いてる様をこっそり見られるような

メイキングの記事やら動画やらが私は好きなんですけどね。

今CMやってる「ジャンプ流!」、小畑健先生の回だけ欲しいんですー。

…話が逸れましたが、

「ああ、あいつこんな風に描いてるんだな~」程度の

軽い気持ちで見て頂ければと思います(^^)

 

今回は、新年一発目に描いた着物の女性のイラストで説明していこうと思います。

では、参りますよー。

 

下絵を描く

f:id:rai-mishima:20160108144250j:plain

厚手の紙に、シャープペンで直接下絵を描いていきます。*1

私の場合は漫画用原稿用紙(今回は無地)に、0.3mmのシャーペンで描いてます。

短い線をつなぐような描き方の上、何本も線を引いてしまう癖がある為、

monoのノックタイプの消しゴム(黒い軸のモノ)で線を削って

ペン入れの時にどの線をなぞればいいのか分かるように調整します。

こうすることで、「下絵は満足だったのに完成品はコレジャナイ感がひどい」状態を

緩和できるような気がします。

気のせいかもしれませんが、そう信じてます。

 

ペン入れをする

下絵に納得がいったら、ペンで下絵をなぞっていきます。

f:id:rai-mishima:20160108145236j:plain

私の場合、下絵に頼りすぎて線が震えてることがあるのが気になるところです^^;

使っているペンは、アルコールタイプのマーカーでもにじまないペンです。

断捨離で、つけペンやインク類、大半のミリペンは断捨離してしまいました。

こんなに描くことになると思ってなかったので^^;

でも、画像に写っているシルバーの軸のペンは、

ミリペンと違って力を入れてもペン先がつぶれないので重宝してます。

 

消しゴムで下絵を消す

ペンのインクが乾いたら、消しゴムをかけて下絵の線を消します。

紙がグシャっといかないように、一方向に向けて消します。

あと、インクが古いと乾いてると見せかけて実は乾いてなくて、

消しゴムかけたら線がビャーッてなることが…(あるあるですよね?)。

なので、古いインクは念入りに乾かしますw

 

色を付ける

消しゴムのカスをしっかり払ったら、色を塗っていきます。

私は昔買ったアルコールマーカーを使ってます。

f:id:rai-mishima:20160108150655j:plain

色塗り修行中なのであまり語れませんが、薄い色から濃い色へが基本です。

そういえば今回、よく肌を塗るのに使っている色のインクがなくなりました。

新しいの…どうしようかな。

 

ハイライトや修正を入れる

修正液で瞳の輝きを入れたり、適宜はみ出しなどを修正します。

さっきも触れましたが道具をかなり減らしたので、

今はペンタイプの修正液でやってます。

でもやっぱり筆で塗った方が細かくやれるような気はするなぁ。

 

完成

f:id:rai-mishima:20160104135421j:plain

今回の絵に関しては、ここまで2時間ちょいくらいです。

描きなれないモノを描くときや、調子が悪いと一日やってる時もありますw

時間をかけずに描けるようになろうと気張った時もありましたが、

今はあんまりなんも考えてませんw

やりたいときにやりたいだけやることにしましたw

 

いかがでしたでしょうか。

これ見て楽しい人がどれだけいるか分かりませんが^^;

機会があれば、他のイラスト系のブロガーさんのメイキングも見てみたいなあと

思ってます♪

 

 

このブログを読んでくださって、有難うございます!

▼クリックしてもらえると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村

 

このブログは、らいが書いています

遅ればせながら、自己紹介。 - 本日も、機嫌よく。

*1:以前はコピー用紙に下絵を描いて、本番用の紙に写してましたが、ライトボックスなしで写すのは超手間なので、最近はやってません。

広告を非表示にする