本日も、機嫌よく。

日々機嫌よく暮らすために、いろいろ書いたり描いたりしています。

【orangeネタバレ注意】まさかイケメンに共感するなんて。

こんにちは、らいです。

 

今朝何の気なしに「orange」11話を見たところいてもたってもいられなくなってしまい、その後やることだけひとまず片付けたのち、最終話まで一気見して今に至ります。

 

もう11話から泣きっぱなしでした(´;ω;`)

アニメ見てあんなに泣いたのはFree!ES最終回以来だし、多分その時より遥かに泣いてますw

何でそこまで泣いてしまったかっていうと、翔に感情移入しすぎてなんですけどね。

気持ちっていうかひとつの行動を選択するに至る思考過程っていうか、そういうのがもう自分か!ってくらい同じだったので。

11話12話辺りはシンクロしすぎて、見ながら具合悪くなってきてしまいましたw

 

とかいってますけど序盤はあんまり好きじゃなかったんです、翔。

具体的にどこがどうっていうのは、その頃は分からなかったんですけど。

体育祭のあたりの話を見て、「内面が自分に似てるから気に入らなかったんだ」って気づいたんですよね。

あの、みんなが楽しそうにしてる時にフッと自分だけ遠くの次元に飛ぶような感じ、子供の頃よく味わってて。

「あ、これ私もあった!」ってめっちゃビックリしました。

園庭で自由に遊ぶ時間とかに、不意に目の前の光景が凄く遠くに見えて「自分は何でここにいるんだろう」とかよく思ってたんですよねw

人に言ったら「やべえ奴だ」と思われそうで誰にも言ってこなかったんですけど、あれって、みんなちょいちょいあることなんですかね…?

 

その辺りから、「もしかして中身が似てるんでない…?」って思うようになって。

それまで翔の行動で見ていてモヤっとしたポイントをそういう視点で思い返してみると、いちいち自分がやりそうなことばかりだったので確信した、という訳なんですが。

 

ただ、11話見た時点で「翔レベルまで追い込まれちゃうと、やっぱりプロの手を借りた方がいいんじゃないの?」って思ってたら、翔の回想で「お祖母ちゃんに受診をすすめられたけど断った」くだりが入ってたので納得しました。まあ断るよね…わかるわ…。

 

とはいえやっぱり客観的にみると、めんどくさい子だな~とは思います^^;

でも本人はいっぱいいっぱいなんですよね、自分を保つのに。

そういう時に、絶対にあきらめないでそばにいてくれる人がいるってのはホントにありがたいことなんですよね。

未来を知ってたとはいえ、いい友達がそばにいてくれてほんとよかったねぇ翔(´;ω;`)

みんなを大事にするんじゃぞ…。

 

という訳で11話以降を見るまでは「須和がいいやつ過ぎて寧ろ私が付き合いたい」って感想文を書こうと思ってたのに、まさかの「翔に共感しすぎてつらい」ルートになってしまいましたw

 

いやでも全体を通したストーリーも、「手紙通りにしてハッピー!」って単純なモノじゃなく、どういう選択をしても大なり小なり後悔は残ることだとか、少しずつ未来が変わっていって結局手さぐりになってしまう感じとか、そういうところがしっかり描かれてて凄く見応えありました。

合わないかなあって心配だったけど、見てよかったです!

いい作品だったと思う…(´ω`*)

 

最終回後半に、追加エピソードの入ったアニメ版の映画が11月に2週間限定公開されるとの情報もあったので、それも楽しみにしたいと思います(`・ω・´)

広告を非表示にする