読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も、機嫌よく。

日々機嫌よく暮らすために、いろいろ書いたり描いたりしています。

好きだから別れがたい。

こんにちは、らいです。

 

お気に入りのTシャツがあるんですが、今年着てみたら主人に

「結構くたびれてきたね」

って言われまして。

なるほど確かに袖口はビロビロだし、着てみるとシルエットも崩れてるし、かなり色褪せも気になる状態になっていました。

そりゃそうですよね、2年以上文字通りヘビロテしまくってましたから。

 

その時点で「そろそろ手放し時なのかな」とは思ったんですが、何せお気に入りだったのですぐには受け入られなくて。

「寝間着ならいけるかも?」と実際着て寝てみたりもしました。

寝心地自体は問題なかったんですが、寝起きにくたびれたTシャツ姿の自分を鏡で見た時の残念感がなかなかひどくて、手放し時だということを改めて認識させられました。

 

う~んでもねぇ、なかな踏ん切りがつかなかったんですよ。

もしかしたら、何かを手放すのにここまで思いきれないって初めてかもしれないってくらいです。

 

で、昨日。

どういう話の流れだったか忘れてしまいましたが、主人に

「手放すしかないのは分かってるんだけど、思いきれないんだよね。ねぇどうしたらいいと思う!?」

と訊いてみたところ、私の勢いにかなり退いた様子ではあったけども

「それだけ気に入って着倒してくれたんだから、Tシャツも満足してるんじゃないかな」

と言ってくれまして。

それを聞いて、何だか許されたような気になって、手放す決心がやっとつきました。

 

とはいえやっぱり淋しいので、写真は撮っておくことにします。

 

ありがとうTシャツ!

 

f:id:rai-mishima:20161006111517j:plain

「派手なTシャツだな」とお思いかもしれませんが、着ると意外とそうでもないんですよ^^;

 

 

広告を非表示にする